So-net無料ブログ作成

腸内環境が悪いとどうなるの? [病気]

腸内環境が悪いと、体調不良や肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。

具体的にはどのような体調不良を引き起こしてしまうのかということを知って、腸内環境を整える努力をしていきましょう。


腸内環境が悪くなると、まずは便秘や下痢といった症状が起こります。

腸内環境の悪化によって小腸が正常に働かなくなってしまい、上手く消化・吸収することができなかった食べ物が、そのまま大腸まで流れていってしまいます。

すると、消化・吸収されなかった食べ物が大腸の粘膜に付着して、大腸の働きも鈍らせてしまうのです。

大腸の働きが鈍ると、便の排泄に大きな影響が出てしまいます。

水分を上手く調節することができなくなって下痢をしてしまったり、便を出すための大腸の動きが鈍くなって便秘になってしまったりするのです。

498715.png


大腸の働きが鈍ることが原因で、そこからさまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

頭痛・肩こり・不眠症・免疫力の低下など、日々の生活に支障をきたしてしまう症状ばかりです。

腸内環境が悪いと体調不良を起こしてしまうということを常に意識して、正常な腸内環境を保つように心掛けていきましょう。


体に与える影響



腸内環境が悪化して便秘になると、さまざまな体調不良を引き起こしてしまい、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

まず、便秘になると、腸内に老廃物や毒素を溜め込んでいることと同じ状態になってしまいます。
腸内が腐敗ガスや毒素でいっぱいになってしまい、免疫力が低下していきます。

これにより、ウイルス性の病気に感染しやすくなったり、疲れやすくなってしまうのです。

腸内環境が悪いと大腸がんを発症してしまうリスクも高まるので、病気を予防するためにも、腸内環境を改善していきたいですね。

また、便秘によって体の血行が悪くなり、頭痛・腰痛・肩こりなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

原因不明の体の痛みが起こった際には、便秘になっていないかどうかを確認してみましょう。

しばらくすっきりとしたお通じが無いという人は、便秘になって体にストレスを与えてしまっているかもしれません。

さらに、便秘で体内に毒素を溜めん込んでいると、ニキビなどの肌荒れを起こす確率も高いです。
なかなか治らないニキビがあるという場合には、便秘が原因かもしれません。

便を排出することができれば、これまで治らなかったのが嘘のように綺麗に消えてしまうニキビもあります。


寿命との関係



腸内環境の良し悪しは、寿命にも関係してきます。

お腹の調子が寿命に関係があるというのは意外な話かもしれませんが、腸内環境が悪いと、大きな病気にかかるリスクが高くなります。

大腸がんなどの腸に関わる病気はもちろん、免疫力が低下して感染病にかかるリスクが高まったりと、腸内環境は多くの病気に関係しているのです。


また、腸内環境が悪いことで便秘しがちになってしまい、体全体にさまざまな不調を引き起こすことにつながります。

常に体が怠いと感じている人や、頭痛・肩こりなどのなかなか解消されない痛みを感じている人は、便秘が原因かもしれません。

できれば毎日のお通じをチェックして、腸内に便が溜まっていないかということを確認するようにしていきましょう。


腸内環境を改善したいと思ったら、腸内にいる善玉菌の活動を活発にする必要があります。
乳製品からビフィズス菌などの善玉菌を摂取しても良いですし、水溶性食物繊維を積極的に摂取して善玉菌を活発にしても良いですね。

水溶性食物繊維は、青汁やサプリメントから気軽に摂取することができます。

きのこ類や豆類・海藻類にも含まれているので普段の食事から摂取することもできますが、補助食品やサプリメントのほうが効率的に摂取することができるでしょう。

痛み等、危険を感じたら=便秘の症状





タグ:腸内環境
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

水溶性食物繊維と糖尿病の関係 [病気]

水溶性食物繊維を摂取することで、糖尿病に効果があるとされています。

水溶性食物繊維という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、これは食物繊維の種類の1つです。
3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s.jpg

他に不溶性食物繊維というものもありますので、食べ物から水溶性食物繊維を摂取したいと思ったら、食物繊維の種類に注意して選ぶようにしましょう。


水溶性食物繊維には、さまざまな健康効果を期待することができます。

糖尿病を予防すること以外にも、腸内環境を整えて便秘を解消することなどに効果を発揮します。

健康に良い成分として有名なので、これからの健康のことを考えるのであれば、是非積極的に摂取していきたいですね。


また、水溶性食物繊維は、ダイエットにも利用することができます。

食物繊維は、食事の前に摂取することで満腹感を得ることができます。

そのため、食前に食物繊維の豊富な飲み物である青汁を飲んだり、多めのキャベツを食べるようにしてみましょう。

食べ過ぎを防止することができるので、少しずつ体重が減っていくことでしょう。

食前に食物繊維を摂取すると、食事の際の血糖値の急な上昇を抑えることもできます。

糖尿病を予防することができますので、一石二鳥ですね。


なぜ糖尿病に効果があるのか?


水溶性食物繊維が糖尿病に効果があるということをご存知ですか?

少し血糖値が気になっているという人や、糖尿病を予防したいという人は特に必見です。

水溶性食物繊維とは、よく耳にしたことがある食物繊維という成分の1種です。

腸内環境を整えることに効果があるとされている食物繊維が、なぜ糖尿病に効果を発揮するのでしょうか。


血糖値を抑えるためには、体内で「インスリン」という成分を多く分泌させることが必要です。

インスリンを分泌させることさえできれば、自然と血糖値も下がっていきます。

このインスリンを分泌させるためのスイッチが、実は腸内にあるのです。
水溶性食物繊維は、腸内環境を整えてくれる成分です。

そのため、水溶性食物繊維を摂取することで便秘を解消することができますし、腸の中を綺麗にすることができます。

水溶性食物繊維を摂取して腸内環境を整えることで、より効率的にインスリンが分泌されるようになるのです。


また、水溶性食物繊維を食前に摂取することで、急な血糖値の上昇を防ぐことができるとも言われています。

水溶性食物繊維は、青汁やサプリメントなどでも気軽に摂取することができるため、自分の摂りやすい方法で日々の生活に取り入れていきましょう。


効果的な摂取方法


糖尿病予防のために水溶性食物繊維を摂取していきたいと考えている人は多いでしょう。

薬などを飲むよりも、普段の食生活で糖尿病を予防することができたら嬉しいですよね。

では、水溶性食物繊維を効果的に摂取するにはどうしたら良いのでしょうか。


まず、どのような方法で水溶性食物繊維を摂取していくのかを決めましょう。

より手軽に摂取したいのであれば、青汁やサプリメントを利用することをおすすめします。

青汁であれば、飲んだ際に満腹感を得ることができるため、ダイエットとして役立てることもできるでしょう。

サプリメントであれば、いつでもどこでも持ち歩くことができます。

気付いた時に手軽に摂取することができるので、水溶性食物繊維を継続して摂ることが苦ではないはずです。


また、日頃の食事から摂取したいのであれば、根菜類・きのこ類・海藻類を積極的に食べることをおすすめします。

こういった食品には水溶性食物繊維が多く含まれているため、効率的に摂取することができます。

もしも、これらの食品を毎日取り入れることが大変だという人は、普段食べているごはんを五穀米に変えてみると良いでしょう。

ごはんに麦を混ぜたりするだけでも、いつもより多く水溶性食物繊維を摂取することができますよ。

水溶性食物繊維を簡単に摂取するなら=青汁ジュレ

タグ:糖尿病
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。