So-net無料ブログ作成

青汁はなぜ便秘解消につながるの? [便秘]

青汁を飲むことで、健康に効果があるということは知っている人も多いでしょう。
では、具体的にはどのような健康効果があるのかご存知でしょうか?

日々を元気に過ごせるというだけでなく、便秘解消や病気の予防など、青汁にはすごい効果がたくさんあります。

190193.png


青汁には、食物繊維という成分が多く含まれています。

特に、水に溶けやすい性質を持つ水溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸内の善玉菌を活発にしていくことができます。

善玉菌が活発になると、腸内環境が改善され、溜まっていた便が排出されやすくなるのです。
腸内をすっきりとさせることができる水溶性食物繊維ですが、普段の食事からの摂取だけでは不足しがちです。

青汁を毎日飲んで不足しがちな水溶性食物繊維を補うことで、快適なお通じを目指すことができるのです。


また、体内に溜め込んでいた便を排出することで、体調不良は肌荒れを改善することもできます。

これまで何となく体調が悪かったという人も、青汁を飲み続ければ、元気な毎日を送ることができるでしょう。

青汁は毎日飲み続けることで効果を発揮するので、途中で諦めてしまわずに、最低でも1ヶ月は続けたいですね。


効果的な成分



525309.png


青汁に含まれている便秘に効果的な成分は、食物繊維の1種である「水溶性食物繊維」です。
食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

便秘を解消するためには、2種類の食物繊維をバランスよく摂取していく必要があります。

しかし、水溶性食物繊維は普段の食事からの摂取では不足しがちな成分です。
不足しがちな水溶性食物繊維を気軽に補いたいと思ったら、毎日飲み続けることができる青汁を試してみると良いでしょう。

青汁を飲むことで水溶性食物繊維を補い、便秘を解消することができます。

水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質を持っており、ドロドロとした状態になって腸内の善玉菌の餌となります。

すると、善玉菌が活発になって腸内環境が改善され、硬くなっていた便を刺激して排出することができるのです。
便秘を解消するためには、毎日欠かさずに青汁を飲まなければなりません。

青汁には、渋くて飲みにくいというイメージがあるかもしれませんが、最近では甘みを加えた飲みやすい青汁も多く販売されています。

毎日飲み続けることができそうな青汁を見つけて、健康のために青汁生活を続けていけたら良いですね。



どのような青汁がおすすめ?



水溶性食物繊維を効率よく摂取するためには、青汁が良いということがわかりました。
では、どのような青汁を選んだら良いのでしょうか。

薬局やドラッグストアに行くと、青汁製品がたくさん並んでいます。
また、インターネット通販などでも、たくさんの青汁製品が販売されていますよね。

初めて青汁を飲むという人は、どのような青汁を選んだらよいのかということで迷ってしまうかもしれません。

健康のために毎日青汁を飲み続けようと思っているなら、自分が飲み続けやすい青汁を選ぶことが大切です。

価格が高い青汁を購入しても、口に合わなくて飲み続けることができなかったら意味がありませんよね。

最近では、甘みを加えて飲みやすくしている青汁も多いです。
自分が美味しいと思える青汁を選んで、毎日欠かさずに飲むようにしましょう。


「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、抹茶ゼリーのような味のジュレタイプの青汁です。
子供や女性でも摂取しやすい青汁ということで、青汁を飲んでいる人たちの注目を集めています。

1つずつ個包装になっているので持ち歩くことができますし、小腹が空いたときにおやつ感覚で食べることができます。

飲む青汁とは違って食べる青汁なので、満足感を得ることができ、ダイエットにもつながるかもしれませんね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘にこんにゃくは有効?それとも逆効果? [便秘]

181782.png

こんにゃくを食べることで、おなかを綺麗にお掃除することができるという話はよく聞きます。

しかし、こんにゃくは腹持ちが良くて消化に時間がかかるため、内臓に負担をかけてしまうという話も耳にしますよね。

実際のところ、こんにゃくは便秘に効果があるのでしょうか?


便秘に効果のあるこんにゃくは、水溶性食物繊維が含まれているこんにゃくです。
水溶性食物繊維を摂取すると、硬くなっていた便が排出されやすくなります。

体内に溜まっていた老廃物を排出することで、デトックス効果を得ることもできます。
血糖値の上昇を抑えることもできるので、ダイエットにも役立つでしょう。


便秘を悪化させてしまうこんにゃくは、不溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくです。

もともとこんにゃくは水溶性食物繊維を含んでいるのですが、凝固剤を使用する段階で不溶性食物繊維に変化してしまいます。

不溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくをたくさん食べてしまうと、便秘を悪化させてしまうだけでなく、胃や腸に負担をかけてしまう恐れがあります。

水溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくを探してみるか、おなかのことを考えて作られているこんにゃくゼリーを食べるようにすると良いでしょう。


実際はどうなのか?


こんにゃくを食べることで、便秘を解消することができるという話をよく聞きます。

では、実際にこんにゃくを食べると、便秘解消効果を得ることができるのでしょうか?


こんにゃくには、食物繊維がとても豊富に含まれています。
食物繊維がおなかに良いということは、知っている人も多いでしょう。

特に水溶性食物繊維であれば、お腹に溜まっている便を柔らかくすることができるので、便秘を解消しやすくなります。

とは言え、こんにゃくを作る際には、凝固剤が使用されています。

実は、凝固剤を使用する段階で、水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に変化してしまうのです。
不溶性食物繊維も、適度に摂取していれば便秘の解消に効果を発揮します。

不溶性食物繊維は、体内で溶けずに、水分を吸収しながら腸まで進んでいきます。
そのため、水分を吸収して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激して、便を出すことができるのです。


しかし、不溶性食物繊維を摂取し過ぎると、便の水分まで吸収してしまう可能性があります。

便秘で溜まっていた硬い便からさらに水分が吸収されてしまうことで、便秘が悪化してしまうのです。

不溶性食物繊維の多いこんにゃくを便秘解消のために食べるのであれば、適度に摂取することをおすすめします。


効果的な食べ方とは?


こんにゃくを便秘解消のために食べるのであれば、一番気を付けたいのは食べる量です。
こんにゃくは食物繊維の塊のようなものなので、食べることで便秘解消に効果を発揮します。

しかし、こんにゃくに多く含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維である場合がほとんどです。

不溶性食物繊維は水溶性食物繊維とは違い、食べ過ぎることで逆に便秘を悪化させてしまう恐れがあります。

適度に摂取していれば、不溶性食物繊維は腸を刺激して、溜まっていた便を排出してくれます。
便秘解消を目的としてこんにゃくを食べるのであれば、食べ過ぎないように気を付けましょう。


とは言え、便秘解消のためには一体どれぐらいの量のこんにゃくを食べたら良いのかがわからないという人もいるでしょう。

便秘に悩んでいる時には、2~3日を目安にこんにゃくを意識して多めに食べてみましょう。
こんにゃくの力で、溜まっていた便を出すことができるはずです。

また、こんにゃくを食べることで満腹感を得ることができるので、ダイエットにもつながるでしょう。

他のおかずを食べる前にこんにゃくを食べるようにしてみたり、炭水化物の代わりにこんにゃくを食べてみても良いですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘解消に効果的!バナナはすごい食べ物だった! [便秘]

便秘をしていると、何となく体調が悪く感じることがありますよね。

体内に不要物を溜め込んでしまっている状態なので、あまり良いとは言えません。
便秘が原因で肌荒れを引き起こしてしまうこともありますので、特に女性は早めに解消したいですよね。

641e09bd21d036a3ab6ed14f9bd576cd_s.jpg


便秘に効果的な食べ物として、バナナが挙げられます。
バナナには豊富な食物繊維が含まれており、便秘を解消することにつながります。

しかし、食物繊維の豊富な食品を選ぶのであれば、バナナ以上に豊富に含まれているものもありますよね。

なぜバナナが便秘に効果的なのかというと、食物繊維に似た成分である「レジスタントスターチ」が豊富に含まれているからです。

レジスタントスターチは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方のような性質を持っています。

水溶性食物繊維は便を柔らかくして排出しやすくし、不溶性食物繊維は腸を刺激して便を排出しやすくするはたらきがあります。

この2種類の食物繊維と似たようなはたらきを持っているレジスタントスターチが、バナナには豊富に含まれているのです。

特に、あまり熟しておらず、青い状態のバナナに多く含まれていると言われています。
便秘解消のためにバナナを食べるのであれば、あまり熟していないものを選ぶと良いでしょう。


なぜバナナが良いのか?


食物繊維が豊富に含まれている食品は、バナナ以外にもたくさんあります。
しかし、バナナは特に便秘に効果的な食品であるとされています。

その理由は一体何なのでしょうか。

バナナには、食物繊維以外にもレジスタントスターチという成分が多く含まれています。

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あり、どちらも便秘を解消することに効果を発揮します。

398211.png


不溶性食物繊維は水に溶けにくいため、体内で水分を吸収しながら腸まで進んでいきます。
水分を吸収して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激することで、便を出しやすくするのです。

また、水溶性食物繊維は便を柔らかくするはたらきがあるため、便秘を解消することに役立ちます。

レジスタントスターチという成分は、この不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方に似たはたらきを持っています。

そのため、レジスタントスターチを効率的に摂取することで、より便秘を解消しやすくなるのです。
あまり熟しておらず、青いままのバナナには、このレジスタントスターチが豊富に含まれています。

便秘解消のためにバナナを食べようと思ったら、青いバナナを選んだほうが良いでしょう。


また、バナナに含まれているフラクトオリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やすはたらきがあります。
腸内の善玉菌が悪玉菌よりも優勢になることで、便秘を解消していくのです。


効果的な食べ方


バナナが便秘の解消に効果を発揮するということは、お分かりいただけたと思います。

では、どのような食べ方をすれば、より便秘解消に効果を得ることが出来るのでしょうか。


まず、バナナの選び方です。

便秘解消に高い効果のあるレジスタントスターチという成分は、あまり熟していないバナナに多く含まれています。

そのため、バナナを選ぶときには青い状態のものを選びましょう。
熟してしまっているバナナだと、十分な効果を得られない場合があります。


また、腸内環境を改善するためには、より多くの善玉菌を摂る必要があります。
バナナをヨーグルトと一緒に食べれば、整腸効果も高まるでしょう。

4a921c21f2735f635445441de8c7e6a7_s.jpg


朝ごはんのデザートとして食べても良いですし、忙しいときにはバナナ1本でも十分です。
とにかく、毎日食べ続けることが出来るように頑張ってみましょう。

もしも味に飽きたときには、バナナを温めてみるのも良いでしょう。
オリゴ糖は、温めても分解されてしまうことはありません。

焼きバナナにしても整腸効果はしっかりと得ることが出来ますので、たまには工夫して味を変えてみても良いですね。


自分の食べやすい食べ方で、楽しみながらバナナを摂取出来ると良いですね。
バナナの効果で、効率的に便秘を解消していきましょう。
タグ:便秘解消
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘に逆効果?摂ってはいけない食物繊維とは? [便秘]

0bb64525cccbf9a4ede94a0e442d8154_s.jpg
食物繊維を摂取することで、便秘解消に効果があります。

しかし、食物繊維には2種類あり、便秘のときにあまり摂りすぎてはいけない食物繊維があります。

せっかく食物繊維を摂取したのに逆効果ということにならないためにも、食物繊維についてよく知っておきましょう。


まず、食物繊維の種類について知っておきましょう。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
どちらも適度に摂取していれば、便秘解消につながると言われています。

不溶性食物繊維は体内に入っても溶けることなく、水分を吸収して膨らみながら腸まで進んでいきます。
腸を程よく刺激して便を押し出すので、便秘解消につながります。
水溶性食物繊維は水に溶けやすいので、便を柔らかくして排出しやすくすることが出来ます。


しかし、不溶性食物繊維は、摂りすぎると便秘に逆効果となってしまうことがあります。
食物繊維を摂取するときには、食品に含まれているものが不溶性か水溶性かを確認するようにしましょう。

せっかく食物繊維を摂取するのであれば、便秘解消に効果のある摂り方をしたいですね。


なぜ逆効果になるのか?


不溶性食物繊維を便秘のときに摂取すると、逆効果となってしまうことがあります。

では、なぜ逆効果になってしまうのでしょうか?
不溶性食物繊維が便秘を悪化させてしまう理由を知って、バランスよく摂取していきましょう。


不溶性食物繊維は、水に溶けにくいという性質があります。

体内で水分を吸収しながら腸まで進んでいくので、適度に摂取していれば程よく腸を刺激して、便秘を解消することが出来ます。

しかし、不溶性食物繊維を摂りすぎてしまうと、体内の水分が吸収されて便が硬くなってしまうことがあります。

便秘を解消するために食物繊維を摂取していたのに、逆に便秘を悪化させてしまうことがあるのです。


便秘解消のために食物繊維を摂取しようと思ったら、食物繊維の種類に注目して摂取するようにしましょう。

便秘を解消したい場合には、水溶性食物繊維を選んで摂ったほうが良いでしょう。

水溶性食物繊維の含まれている食品は、ゴボウ・カボチャ・海藻類・イモ類などです。
毎日の食事に上手く取り入れて、便秘を解消していきましょう。

逆に、不溶性食物繊維が多く含まれている食品は、りんご・大豆・さつまいも・小麦などです。

便秘が酷いときには、これらの食品は抑え気味にして、水溶性食物繊維の含まれている食品を食べましょう。


効果的な摂り方はあるのか?


健康のために食物繊維を摂ろうと思ったら、より効果的な摂り方をしたいですよね。
食物繊維は、どのように摂取すればより高い効果を得ることが出来るのでしょうか。


まず、食物繊維でどのようなことに効果を得たいのかを考えてみましょう。

将来のことを考えて、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らしたいのであれば、毎日決められた摂取量を守る必要があります。

男性であれば一日17グラム、女性であれば一日12グラムを目安に食物繊維を摂りましょう。
この量を目安に摂取することで、将来かかるかもしれない病気のリスクを減らすことが出来ます。


また、便秘を改善したい場合には、水溶性食物繊維を摂取することをおすすめします。

一日20グラムを目安に摂取することで、便秘を改善することが出来るでしょう。
より効果的に摂取するためには、青汁などを選んで朝に飲んでみると良いでしょう。

朝から食物繊維を摂取することで腸を刺激し、便秘の改善により高い効果を得ることが出来ます。
もっと手軽に食物繊維を摂取したいという人は、サプリメントを選んでみても良いかもしれません。

サプリメントなら毎日飲み続けることが苦にならないでしょうし、効率よく食物繊維を摂取することが出来ます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

水溶性食物繊維が不足すると? [便秘]

積極的に摂取したほうが良いとされる食物繊維ですが、不足するとどのようなことが起こるのでしょうか。

食物繊維の不足は、体に様々な影響を引き起こします。
まず考えられるのが、便秘です。
015843.png

食物繊維が不足していると、便が硬くなってしまい、長時間大腸に留まってしまいます。

特に水溶性食物繊維のように水分を届ける成分が不足していることで、便が硬くなってしまうのです。

便秘になるということは、体内に不要物を溜め込んでしまうということです。
体調が悪くなることもありますし、お肌が荒れてしまうこともあります。

また、食物繊維が不足していると、栄養の吸収が早くなります。
満腹感を感じることが出来なくなるため、ついつい食べ過ぎてしまうことにつながるでしょう。
肥満の原因になってしまうのです。


これらの他にも、水溶性食物繊維が不足すると、血糖値や血圧の上昇を抑制するものがなくなってしまいます。

高血圧や高血糖ぎみの人は、症状が進行してしまうかもしれません。

また、便が大腸に長く留まることで、発がん性物質の排出が遅れてしまうことになります。
食物繊維の不足は、思わぬ大きな病気を引き起こすことにつながるのです。


水溶性食物繊維と便秘の関係


水溶性食物繊維を積極的に摂取することは、便秘を改善することにつながります。

そもそも便秘は、水分が足りていないことで便が硬くなり、大腸に長く留まってしまうことで起こります。
317272.png

水溶性食物繊維には、水分を保持するはたらきがあります。
そのため、腸に留まっている便まで水分を届けることが出来るのです。

水溶性食物繊維をしっかりと摂るように心掛けていれば、便秘をすることもなくなるでしょう。


便秘の状態が長く続くと、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

便秘により吐き気などをもよおしたり、頭痛を引き起こしてしまうという話は聞いたことがあるでしょう。
腸に便が溜まることで、食欲も湧かなくなってしまいます。

また、体内に毒素が溜まった状態になってしまうので、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
原因のわからない肌荒れを見つけたら、便秘を疑ってみましょう。

毎日便が出ていても、食べている量に対して少ない場合は、便秘になっている可能性があります。
便を排出しているということだけでなく、便の量や色などもチェックするようにしておくと良いでしょう。

便の状態から、体の健康状態を確認することが出来ますよ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。