So-net無料ブログ作成
食べ物 ブログトップ
前の7件 | -

青汁が苦手な人におすすめの摂取方法 [食べ物]

青汁は、健康にも美容にも高い効果があるとされています。
そのため、健康を意識して毎日青汁を飲み続けているという人も多いでしょう。

また、青汁生活を始めてみたいと思っている人もいるはずです。
しかし、青汁は渋くて飲みにくいというイメージが大きいですよね。

58fd4505309a31acd732f63790fe8cac_s.jpg


せっかく青汁を購入しても、口に合わなくて飲むことを断念してしまってはもったいないです。
青汁が苦手だという人は、美味しく摂取し続ける工夫をしてみましょう。


青汁をそのまま飲むのが苦手だという人は、牛乳や豆乳と混ぜて飲んでみましょう。
乳製品と混ぜることで青汁特融の臭みが消され、まろやかな味になります。

抹茶を飲んでいるような感覚で飲むことができるので、美味しく飲み続けることができるでしょう。
普通に水に混ぜて飲むと感じる粉っぽさも、乳製品に混ぜてしまえば、あまり気にならなくなるかもしれません。

青汁を飲む際に一番効果的な時間は朝や食前と言われていますが、乳製品に混ぜて摂取するのであれば、おやつ感覚で飲むこともできるでしょう。

小腹が空いたときに飲むようにしていれば間食を防ぐことができるので、ダイエット効果を得ることができそうですね。


料理や飲み物と混ぜる方法



青汁独特の風味が苦手で毎日飲み続けることが難しいという人は、料理や飲み物に混ぜてみてはどうでしょうか。

普段の食事に取り入れたいと思ったら、適量を味噌汁に混ぜてみることをおすすめします。
味噌汁に青汁の粉末を入れると、野菜を入れたような風味になります。

適量であれば、青汁の渋み・苦味を気にせずに摂取することができるのではないでしょうか。

また、グリーンスムージーにしてみても良いですね。
スムージーには、青汁の粉末以外にも、りんご・バナナ・いちごなどのフルーツを加えてみましょう。

フルーツの甘もで、青汁の苦さが気にならなくなるでしょう。
スムージーなら、朝からでも手軽に飲むことができるのでおすすめです。


青汁は、ケーキの生地などに混ぜて使用することで、おやつとしても摂取することができます。
おすすめなのは、パンケーキミックスに青汁の粉末を混ぜて、グリーンパンケーキをつくることです。

女性が嬉しいのはもちろん、子供でも喜んで食べてくれるでしょう。
もっと手軽に青汁を摂取したいという人は、ヨーグルトにかけて食べてみるのもおすすめです。

自分が摂取しやすいと思える方法で、青汁生活を続けていけると良いですね。


苦手な人におすすめの青汁



青汁の独特な風味が苦手だけれど、健康やダイエットのために青汁を飲み始めたいという人は多いでしょう。

最近では、甘みを加えた飲みやすい青汁も多く販売されています。
自分が飲み続けられそうだと思える青汁を見つけて、青汁の効果を得られるまでしっかりと飲み続けられると良いですね。


「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、青汁の風味を抑え、黒糖の甘みが加えられた摂取しやすい青汁です。

飲む青汁ではなく食べる青汁になっており、抹茶ゼリーのような感覚で食べることができます。
子供や女性でも気軽に青汁を摂取することができるので、青汁生活を続けていくことができるでしょう。

1つずつ個包装になっていて気軽に持ち歩くこともできるので、職場に持って行ったり、食後のデザートとしてお弁当に入れてみても良いですね。

また、小腹が空いたときには、おやつを食べるのではなく黒糖抹茶青汁寒天ジュレを食べるようにしてみましょう。

食べる青汁なので低カロリーですし、しっかり噛んで食べることができるので、飲む青汁よりも満腹感を得ることができるでしょう。

無駄な間食を減らすことができれば、青汁でダイエット効果を得ることもできるかもしれませんね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

日本人と欧米人の腸の違い [食べ物]

日本人は欧米人よりも、腸の長さが長いと言われています。
腸の長さが原因であるかは定かではありませんが、日本人は欧米人よりも便秘の人が多いようです。

557373.png


日本人に便秘の人が多い理由としては、「米をよく食べるから腸が長くなったため」「硬水と軟水の違いがあるため」などと言われています。


実際に、日本人が欧米人と同じ食生活を送ろうとすると、便秘になってしまう人が多いです。

欧米人は肉をよく食べますが、日本人が肉ばかりを食べて生活していると、便が硬くなってしまったり、そもそも便が出なくなってしまいます。

理由はどうであれ、便が正常に排出されないことで肉が腸の中で滞在する時間が長くなり、腐敗してガスや毒素を放出します。

すると、腸内環境がどんどん悪くなってしまい、便秘が長引くことにつながるのです。

日本人には日本人に合った食事、欧米人には欧米人に合った食事があるということを覚えておきましょう。


また、日本人と欧米人は腸の違い以外にも、骨の違いや食べ物が育つ環境の違いなど、さまざまな違いがあります。

これら全ての事柄が少しずつ影響して、日本人と欧米人の食の違いをつくっているのでしょう。


違うことによる注意点



日本人と欧米人は、腸のつくりが違うと言われています。
日本人は昔から米を好んで食べてきたことで、欧米人よりも腸が長いというのです。

実際に、日本人が欧米人と同じように肉ばかりを食べる生活を始めると、多くの人が便秘になってしまうそうです。

腸の中に食べたものが長く留まり、腐敗して腸内環境を悪化させてしまうのです。

しかし、肉ばかりを食べて便秘になってしまうのは日本人だけであって、欧米人は肉食を続けても体調不良になることはありません。

日本人の腸が本当に長いのかどうかということはひとつの説に過ぎませんが、欧米人の腸とは何かしら違いがあることがわかります。


腸に違いがあるからといって、日本人が欧米人と同じ食事を取ってはいけないというわけではありません。

ですが、便秘になってしまう人は多いので、野菜なども摂取しながらバランスよく食事をしていきたいですね。

もしも肉ばかりを食べ過ぎて便秘になってしまった場合には、乳製品や食物繊維が豊富な食品を食べて、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

善玉菌の活動を活発にさせることができれば、腸内環境を改善して、溜まった便の排出を促すことができますよ。


日本人の腸にあった食生活とは?



ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s.jpg


日本人は、昔から米を好んで食べています。
そのため、米を食べることで便秘になってしまうという人は少ないでしょう。

しかし、パンや肉ばかりを食べる生活を続けた場合、便秘になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

日本人には日本人に合った食生活があるので、健康を維持できるような食生活を続けていけたら良いですね。


日本人が健康を維持していくためには、和食を食べると良いでしょう。

和食には、腸内環境を整えることができる水溶性食物繊維を多く含んでいる食品が使用されていることが多く、健康的な生活を助けることができます。

水溶性食物繊維は、納豆などの豆類・わかめなどの海藻類・きのこ類などに多く含まれていると言われており、これらの食品を食べることで腸内環境を整えることができます。

便秘を防ぐことができるだけでなく、頭痛・腰痛・肩こりなどのさまざまな体調不良を防ぐことにもつながります。

腸の働きを活発にすることで免疫力を上げることもできるので、ウイルス性の病気にかかりにくくなるという効果もあります。

和食を食べることは、健康にとってたくさんの良い影響を与えてくれます。

便秘になりやすいと言われている日本人の腸に合っている食事なので、積極的に和食を食べるようにしていきましょう。



タグ:和食 便秘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

医師が進める腸活で便秘解消! [食べ物]

腸内環境が悪いと、さまざまな体調不良や肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。
免疫力が低下して病気にかかるリスクも高まるので、腸内環境はできるだけ整えておきたいですよね。

便秘で悩み続けているという人も、医師が勧める腸活を行うことで、腸内環境を改善していきましょう。

561800.png


腸活とは、腸内環境を改善することを意識した生活を指します。
善玉菌の摂取・善玉菌の餌となる食品の摂取・運動・規則正しい生活習慣などのポイントを意識して生活することで、腸内環境を改善していくことができます。

腸活をすることは健康を維持していくためにとても効果があり、医師も勧めています。
難しそうに感じるかもしれませんが、善玉菌の摂取・善玉菌の餌となる食品の摂取は、普段の食事で行うことができます。

また、運動も普段の生活で取り入れられるものや、気軽に行うことができる軽い運動で大丈夫です。
無理をして行わなければいけないことは特に無いので、誰でも簡単に腸活を始めることができるでしょう。

詳しい腸活のやり方と効果を知って、早速今日から始めていけると良いですね。


効果



腸内環境を改善するための腸活は、医師も勧めているため、注目している人は多いでしょう。

腸内環境が悪いと、便秘や下痢になってしまうだけでなく、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

では、腸活をすることで、どのような効果を得ることができるのでしょうか?


腸活をすることの一番の目的は、腸内環境を改善するということです。
便秘をなかなか解消することができずに悩んでいるという人や、何となく体が怠い状態が続いているという人は、腸活を始めてみましょう。

腸活では、腸内の善玉菌を増やしたり、腸の働きを活性化させていきます。
これにより、腸内に溜まっていた便を刺激し、すっきりと排出することができます。

便秘を改善することができれば、頭痛・腰痛・肩こりなどの体調不良を解消することができる可能性が高いです。

また、体内に溜め込んでいた老廃物や毒素を排出することになるので、デトックス効果を得ることができ、美容にも効果を期待することができます。

特に、便秘が原因でニキビができてしまっていたという人は、肌を綺麗にすることができるでしょう。

デトックス効果によって全身のむくみも解消され、体重がするりと減少することもあるかもしれませんね。


具体的なやり方



腸活によって腸内環境を改善することで、健康や美容に効果を得ることができます。
では、腸活は具体的にどのようにして行うものなのでしょうか?

まず、腸内の善玉菌を増やして活動を活発にする必要があります。
腸内の善玉菌を増やすためには、ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品を食べるようにしてみましょう。

食品で善玉菌を摂取することが大変だという人は、サプリメントや補助食品を利用してみても良いですね。

また、善玉菌の餌となる食品も摂取してみましょう。

海藻類・きのこ類・豆類などに多く含まれている水溶性食物繊維は、善玉菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にすることができます。

普段の食事に取り入れやすい食品ばかりなので、毎日食べることができるように努力してみましょう。

525679.png


腸活では、適度な運動と十分な睡眠時間を確保して、規則正しい生活を送ることも大切です。
運動といっても、激しい運動やトレーニングをする必要はありません。

ウォーキングや軽いストレッチなどで十分なので、無理のない程度の運動を行って、毎日少しずつ続けていきましょう。

睡眠時間を十分に確保するということには、ストレスの溜まりがちな体をリラックスさせて、腸の動きを正常に戻していこうという狙いがあります。

忙しくてあまり睡眠時間を確保することができないという場合には、質の高い睡眠を取るようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

海藻で水溶性食物繊維摂取 [食べ物]

食物繊維が健康に良いことは、知っているという人も多いでしょう。
では、食物繊維にも種類があるということはご存知でしょうか?

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が存在します。
お腹の調子を整えるために積極的に摂取して欲しいのは、水溶性食物繊維です。

固くなってしまっている便を柔らかくしてくれるので、便秘を解消することができます。

整腸効果の他にも、食欲を抑えることができたり、血糖値の上昇を抑えることができたりと、水溶性食物繊維にはさまざまな健康効果があります。

将来の体の健康を考えるのであれば、早めのうちから水溶性食物繊維を意識して摂取していくと良いでしょう。


水溶性食物繊維は海藻などの食品に豊富に含まれており、普段の食生活に気軽に取り入れることができます。

ひじき・めかぶ・もずく・昆布などに多く含まれているので、工夫して料理をすることで飽きずに食べ続けていくことができるでしょう。

海藻は、美容にも効果があると言われている食品です。

海藻で水溶性食物繊維を摂取して健康を維持しながら、美容効果も得られるというのは、女性にとってはとても嬉しいことですね。


おすすめの海藻とその理由


水溶性食物繊維を効率的に摂取するためには、海藻を食べると良いでしょう。
699ca5c16bfd37bd2996d86faf459881_s.jpg

中には調理をするのに少し手間がかかってしまうものもありますが、昆布や海苔などはサラダにかけて食べることもできますので、手軽に食べられるものから始めていくと良いでしょう。


水溶性食物繊維を摂取するために海藻を食べるのであれば、ひじきがおすすめです。

ひじきには、他の海藻よりも多い22.5グラム(100グラムあたり)もの水溶性食物繊維が含まれています。

ひじきなら、さまざまな料理に取り入れることができるので、飽きずに食べ続けることもできるでしょう。

また、めかぶなどの粘り気が強い、生の海藻もおすすめです。
めかぶなどの海藻のぬめりの正体は、アルギン酸とフコダインという水溶性食物繊維です。

アルギン酸には、コレステロールや血糖値の上昇を抑えるはたらきがあり、動脈硬化などの症状を防ぐことができると言われています。

また、フコダインにも肝機能を健康にする効果がありますので、体にとても良いことがわかります。
便秘の解消を目指すことができたり、血圧の上昇を抑えることもできます。

海藻を食べることで、さまざまな健康効果を得ることができるのです。
水溶性食物繊維を食べ物から摂取しようと思ったら、海藻を食べることをおすすめします。


効果的な食べ方



水溶性食物繊維を摂取するために、海藻を食べることはとても効果的です。

健康にも高い効果を発揮する海藻ですが、低カロリーなため、ダイエットにも利用することができます。

効果的な食べ方を知って、海藻を健康のために活用していきましょう。


海藻は、味噌汁やスープに入れて食べることで、食事のかさ増しをすることができます。

水溶性食物繊維を摂取することができるだけでなく、海藻でお腹を満たして油っこいおかずを少量にすることで、病気を防ぐことができたりダイエット効果を得ることができます。

本気でダイエットをしているという人は、炭水化物の代わりに海藻を食べてみても良いかもしれません。


また、海藻は豆類との相性が良いので、ひじきと大豆の煮ものなどにして食べてみると良いでしょう。

水溶性食物繊維と一緒にたんぱく質を摂取することもできるので、筋肉が衰えるのを防ぐことができますし、髪の毛も綺麗になることでしょう。

低カロリーでありながら、飽きずに食べることのできる組み合わせですので、健康維持に効果的でとてもおすすめです。

他にも、自分が食べやすく、長く食べ続けられると感じる食品の組み合わせを探していきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

水溶性食物繊維を毎日生活に取り入れる方法 [食べ物]

水溶性食物繊維は、食物繊維の1種です。
便秘がなかなか改善されないときには、水溶性食物繊維を摂取することで便を柔らかくすることができます。

腸内に溜まった老廃物を排出することで、腸内環境を整えていきます。
また、水溶性食物繊維を摂取して腸内環境を整えることで、血糖値の上昇を抑える成分であるインスリンを効率的に分泌することができます。

糖尿病予防にもなるということで、水溶性食物繊維は注目されているのです。


では、水溶性食物繊維は、どのようにして毎日の生活に取り入れれば良いのでしょうか。
できるだけ手軽に水溶性食物繊維を摂取したいという人は、青汁やサプリメントで摂取してみてはいかがでしょうか。

特に、一人暮らしで毎日自炊をしないという人や、仕事が忙しくて食事に気を遣うことが難しいという人は、飲み続けやすい青汁やサプリメントが良いかもしれません。

青汁なら、上手く活用することでダイエット効果も得ることができて一石二鳥です。
例えば、小腹が空いたときには青汁を飲むようにしてみましょう。

お菓子を食べるよりもカロリーを抑えることができますし、水溶性食物繊維の効果も得ることができるので良いですね。

また、食前に青汁を飲むことで満腹感を得ることができますし、食事による急な血糖値の上昇を抑えることもできるのでおすすめです。
サプリメントは、いつでもどこでも持ち歩いて飲むことができます。

サプリメントで水溶性食物繊維を摂取すれば、飲むだけなので毎日しっかりと継続していくことができるでしょう。

できるだけ手軽に、簡単に水溶性食物繊維を摂取したいという人は、青汁やサプリメントを上手く活用していきましょう。


日頃の食生活に水溶性食物繊維を取り入れていきたいと考えている人は、根菜類・きのこ類・海藻類などを意識して食べるようにしましょう。

根菜類はゴボウ・玉ねぎ・にんじんなどに水溶性食物繊維が多く含まれており、海藻類はひじき・わかめなどです。

また、納豆やオクラなどのねばねばとした食品にも、水溶性食物繊維が多く含まれています。

根菜類やきのこ類や普段の食事に取り入れることができそうですし、海藻類やねばねばとした食品は、朝食に取り入れやすそうですよね。

毎日の食事に少しずつ取り入れることで、便秘や糖尿病に効果を実感していけたら良いですね。


水溶性食物繊維を摂取することで、健康や美容にさまざまな効果を得ることができます。
毎日の食事に、水溶性食物繊維が多く含まれている食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。


おすすめのメニュー


水溶性食物繊維を摂取することで、さまざまな健康効果を得ることができます。
腸内環境を整えて便秘を改善することができますし、糖尿病にも効果を得ることができます。

また、上手く摂取していけば満腹感を得ることができる成分なので、ダイエットにも効果を期待することができるでしょう。

水溶性食物繊維はサプリメントなどでも摂取することができますが、やはり毎日の食事に取り入れていきたいですよね。

水溶性食物繊維を効率的に摂取することのできるメニューを知って、今日から試してみてはいかがでしょうか。


簡単に水溶性食物繊維を摂取できるレシピとして、「納豆アボカド」がおすすめです。
アボカドには、ゴボウと同じぐらい豊富な食物繊維が含まれています。
145510518fc6e9b316598ca4b3f2e4e4_s.jpg

調理も皮を剥くだけで簡単なので、忙しい人でも作ることができるでしょう。
アボカドは美肌に効果があるとも言われているので、美容を気にしている女性にも嬉しいですね。
納豆にも、水溶性食物繊維が多く含まれています。

納豆だけで食べることに飽きてしまったという人は、アボカドと混ぜてみるだけで、いつもとは違った味を楽しむことができますよ。

納豆には乳酸菌も含まれているので、より腸内環境を整えることに効果を発揮するでしょう。

できるだけ低カロリーなレシピが良いという人には、「しいたけとこんにゃくのピリ辛炒め」をおすすめします。

水溶性食物繊維が豊富なしいたけと、不溶性食物繊維が豊富なこんにゃくを一緒に摂ることのできるレシピなので、便秘解消に効果があります。

しいたけもこんにゃくも低カロリーなので、ダイエット中の人でもたくさん食べることができるでしょう。
ピリ辛な味付けにすることで、お酒のおつまみにもなります。

おいしく楽しく食べることができるレシピで、食物繊維を摂取していきたいですね。


デザートやおやつで水溶性食物繊維を摂取したいという人には、「きなこバナナ」がおすすめです。
このレシピでも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を摂取することができます。

きなことバナナを混ぜるたけのとても簡単なレシピですが、甘くて美味しいので子供でも食べやすいでしょう。
食後のデザートとして食べてみても良いですね。

さらに腸内環境を整えることに効果を得たいという人は、きなこバナナにヨーグルトを加えてみると良いでしょう。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますので、一緒に摂取することで便秘改善の他にも、免疫力向上などの効果を得ることができます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

実は知らずに飲んでいる!青汁のすごい効果とは? [食べ物]

124543.png


青汁は、苦くて渋みの強いというイメージが大きいかもしれません。

しかし、味があまり気に入らなくても、健康のために飲んでいるという人は多いです。
青汁を飲むことで、毎日いきいきと活動することが出来ます。

若い人が飲んでいるイメージはあまり無いかもしれませんが、実は青汁にはすごい効果があります。
青汁のすごい効果を知って、あなたも青汁生活を始めてみてはいかがでしょうか。


青汁には、豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維が便秘などに効果的だということはご存知かもしれませんが、実は病気予防やダイエットにも効果があります。
食物繊維をしっかりと摂取していれば、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすことが出来るのです。

歳を取っても若々しく元気でいたいと思ったら、しっかりと食物繊維を摂取していきましょう。


また、食事の前に青汁を飲むことで、ダイエット効果があることをご存知でしょうか?
食物繊維には、満腹感を感じさせるはたらきがあります。

食前に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、食べ過ぎを予防することが出来るのです。

無理をして食事を減らしてしまうと、ダイエットをやめた後にリバウンドをしてしまうことがあります。

ですが、青汁を上手く活用してダイエットをしていけば、リバウンドしにくい体になると言われています。

青汁は、健康やダイエットに効果的なすごい飲み物だったのです。


青汁に含まれる成分


青汁は、健康に効果的な飲み物として有名です。

毎日の健康を守るために、青汁を欠かさず飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。
では、青汁にはどのような成分が含まれているのでしょうか。


まず、青汁には豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は病気予防にも効果がありますし、便秘の解消にも効果を発揮します。

便秘の状態が続いていると、肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性もありますので、青汁効果で早めに解消出来ると良いですね。

さらに、食物繊維を摂取することで満腹感を得ることが出来るため、青汁でダイエットをすることも出来ますよ。


その他にも、青汁には豊富なビタミンやミネラルが含まれています。

体全体の老化を防ぐことに効果を発揮するため、青汁を飲むことで元気にいきいきと生活することが出来るでしょう。

酵素も含まれており美容効果もありますので、エイジングケアとして飲み続けていくのも良いでしょう。

青汁を飲むことで、いつまでも健康的に若々しくいられたら良いですね。


これらの成分の他にも、各メーカーごとに様々な健康成分を配合した青汁が販売されています。
自分の目的に合ったものを選んで、飲み続けられると良いですね。


効果


青汁を飲むことで、様々な健康効果を得ることが出来ます。
苦くて渋みが強い青汁は、飲みにくいイメージがあるかもしれません。

しかし、青汁にはすごい効果がありますので、是非飲み始めてみることをおすすめします。

まず、青汁に含まれている豊富な食物繊維は、病気を予防することにつながります。

心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすためには、一日に12~17グラムほどの食物繊維を摂らなければなりません。

食物繊維を食品から摂るとなると、毎日沢山の野菜などを食べなければいけないことになります。

また、便秘改善のために食物繊維を摂取するのであれば、一日20グラムは摂らなければいけません。

食品で摂ることの難しい食物繊維を、青汁で補うことが出来ます。

健康のために食物繊維を摂取したいと思っている人は、青汁で摂取するのが効果的かもしれません。


また、青汁に含まれているビタミン・ミネラル・酵素などは、老化を防ぐことに効果を発揮します。
毎日を健康的に過ごすことにもつながりますし、美容効果を期待することも出来ます。

どんなに高い化粧品を使用していても、体の内側からはたらきかけなければ、お肌や体の衰えを防ぐことは難しいです。

青汁を毎日継続して飲むことで、体の内側から健康と美に効果を得ることが出来るのです。

タグ:青汁,効果
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

摂りすぎると危険!食物繊維はバランスが大切 [食べ物]

食物繊維は、バランス良く摂取することで、便秘などに良い効果を得ることが出来ます。
便秘の状態が続いてしまうと体内に老廃物を溜めてしまうことになるので、積極的に食物繊維を摂取して、腸内環境を整えたいですね。
398211.png

また、食事の前に食物繊維が豊富な食べ物などを食べることで、満腹感を得ることが出来ます。
食べ過ぎ防止につながるので、ダイエット効果を得ることが出来るでしょう。


しかし、食物繊維の摂り過ぎは、健康に悪影響を与えてしまうことがあります。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
どちらの食物繊維を摂るのかで体に与える影響は変わってきますが、どちらも摂取し過ぎると体にあまりよくありません。

不溶性食物繊維は、水を吸収して膨らむ性質を持っています。
そのため、摂取し過ぎると便を硬くしてしまい、便秘になってしまうことがあるのです。
食物繊維を摂取しているのに便秘が改善されないという人は、摂取している食物繊維の種類を確認してみましょう。

食物繊維の種類と摂取するバランスに気を付けることで、より高い健康効果を得たいですね。
毎日の食事から、気軽に食物繊維を摂取していきましょう。



一日の摂取量


食物繊維を摂取することは、健康的な生活を送る上で良い効果をもたらしてくれます。
食物繊維を摂取すると、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすことが出来ると言われています。

また、便秘解消などにもつながるので、積極的に摂取していくと良いでしょう。


便秘解消などの健康効果を実感するためには、一日にどのぐらいの量の食物繊維を摂取すれば良いのでしょうか?
心筋梗塞や糖尿病による死のリスクを減らすためには、男性で一日19グラム、女性で一日17グラムの食物繊維を摂取すると良いでしょう。

しかしこれは、あくまで心筋梗塞などを予防するための目安量です。
便秘の解消を目的とするのであれば、一日20グラムの食物繊維を摂取する必要があると言われています。

一日20グラムもの食物繊維を摂取するのは大変だと感じるかもしれませんが、サプリメントや青汁などを上手く活用していきましょう。


また、食物繊維を摂取しようと意識し過ぎて、過剰に摂取してしまう人もいるかもしれません。
食物繊維は、過剰に摂取すると逆に体に悪影響となってしまうことがあります。
食物繊維を摂取する時には、摂取量のバランスを考えて摂るようにしていきましょう。


摂りすぎるとどうなる?


食物繊維を摂取することは、健康に良い効果をもたらすと言われています。
心筋梗塞や糖尿病にかかるリスクが減るので、歳を取っても健康的に過ごしていきたいと考えている人は、早めのうちから食物繊維を積極的に摂取すると良いでしょう。

また、食物繊維の効果で便秘を解消することも出来ます。
体に溜まっている老廃物を排出することでデトックスにつながり、ダイエット効果もあると言われています。


健康に様々な効果を得ることの出来る食物繊維ですが、摂り過ぎると逆効果になってしまうこともあるのをご存知でしょうか。
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。

不溶性食物繊維は、水に溶けずに、体内で水分を吸収して膨らんでいく性質があります。
適度に摂取していれば、水分を摂取して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激し、便秘解消につながります。

しかし、不溶性食物繊維を摂取し過ぎてしまうと、便が硬くなって逆に便秘になってしまうことがあるのです。
015843.png

また、食物繊維を摂り過ぎることで腸の運動が活発になり過ぎてしまうことがあります。
便が柔らかくなって下痢が続いてしまうことがあるので、食物繊維を過剰に摂取することの無いように気を付けましょう。

どの食品にどのような種類の食物繊維が含まれているのかということまで把握しておくと、体の状態に合わせて摂取することが出来るので良いですね。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の7件 | - 食べ物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。