So-net無料ブログ作成

水溶性食物繊維を毎日生活に取り入れる方法 [食べ物]

水溶性食物繊維は、食物繊維の1種です。
便秘がなかなか改善されないときには、水溶性食物繊維を摂取することで便を柔らかくすることができます。

腸内に溜まった老廃物を排出することで、腸内環境を整えていきます。
また、水溶性食物繊維を摂取して腸内環境を整えることで、血糖値の上昇を抑える成分であるインスリンを効率的に分泌することができます。

糖尿病予防にもなるということで、水溶性食物繊維は注目されているのです。


では、水溶性食物繊維は、どのようにして毎日の生活に取り入れれば良いのでしょうか。
できるだけ手軽に水溶性食物繊維を摂取したいという人は、青汁やサプリメントで摂取してみてはいかがでしょうか。

特に、一人暮らしで毎日自炊をしないという人や、仕事が忙しくて食事に気を遣うことが難しいという人は、飲み続けやすい青汁やサプリメントが良いかもしれません。

青汁なら、上手く活用することでダイエット効果も得ることができて一石二鳥です。
例えば、小腹が空いたときには青汁を飲むようにしてみましょう。

お菓子を食べるよりもカロリーを抑えることができますし、水溶性食物繊維の効果も得ることができるので良いですね。

また、食前に青汁を飲むことで満腹感を得ることができますし、食事による急な血糖値の上昇を抑えることもできるのでおすすめです。
サプリメントは、いつでもどこでも持ち歩いて飲むことができます。

サプリメントで水溶性食物繊維を摂取すれば、飲むだけなので毎日しっかりと継続していくことができるでしょう。

できるだけ手軽に、簡単に水溶性食物繊維を摂取したいという人は、青汁やサプリメントを上手く活用していきましょう。


日頃の食生活に水溶性食物繊維を取り入れていきたいと考えている人は、根菜類・きのこ類・海藻類などを意識して食べるようにしましょう。

根菜類はゴボウ・玉ねぎ・にんじんなどに水溶性食物繊維が多く含まれており、海藻類はひじき・わかめなどです。

また、納豆やオクラなどのねばねばとした食品にも、水溶性食物繊維が多く含まれています。

根菜類やきのこ類や普段の食事に取り入れることができそうですし、海藻類やねばねばとした食品は、朝食に取り入れやすそうですよね。

毎日の食事に少しずつ取り入れることで、便秘や糖尿病に効果を実感していけたら良いですね。


水溶性食物繊維を摂取することで、健康や美容にさまざまな効果を得ることができます。
毎日の食事に、水溶性食物繊維が多く含まれている食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。


おすすめのメニュー


水溶性食物繊維を摂取することで、さまざまな健康効果を得ることができます。
腸内環境を整えて便秘を改善することができますし、糖尿病にも効果を得ることができます。

また、上手く摂取していけば満腹感を得ることができる成分なので、ダイエットにも効果を期待することができるでしょう。

水溶性食物繊維はサプリメントなどでも摂取することができますが、やはり毎日の食事に取り入れていきたいですよね。

水溶性食物繊維を効率的に摂取することのできるメニューを知って、今日から試してみてはいかがでしょうか。


簡単に水溶性食物繊維を摂取できるレシピとして、「納豆アボカド」がおすすめです。
アボカドには、ゴボウと同じぐらい豊富な食物繊維が含まれています。
145510518fc6e9b316598ca4b3f2e4e4_s.jpg

調理も皮を剥くだけで簡単なので、忙しい人でも作ることができるでしょう。
アボカドは美肌に効果があるとも言われているので、美容を気にしている女性にも嬉しいですね。
納豆にも、水溶性食物繊維が多く含まれています。

納豆だけで食べることに飽きてしまったという人は、アボカドと混ぜてみるだけで、いつもとは違った味を楽しむことができますよ。

納豆には乳酸菌も含まれているので、より腸内環境を整えることに効果を発揮するでしょう。

できるだけ低カロリーなレシピが良いという人には、「しいたけとこんにゃくのピリ辛炒め」をおすすめします。

水溶性食物繊維が豊富なしいたけと、不溶性食物繊維が豊富なこんにゃくを一緒に摂ることのできるレシピなので、便秘解消に効果があります。

しいたけもこんにゃくも低カロリーなので、ダイエット中の人でもたくさん食べることができるでしょう。
ピリ辛な味付けにすることで、お酒のおつまみにもなります。

おいしく楽しく食べることができるレシピで、食物繊維を摂取していきたいですね。


デザートやおやつで水溶性食物繊維を摂取したいという人には、「きなこバナナ」がおすすめです。
このレシピでも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を摂取することができます。

きなことバナナを混ぜるたけのとても簡単なレシピですが、甘くて美味しいので子供でも食べやすいでしょう。
食後のデザートとして食べてみても良いですね。

さらに腸内環境を整えることに効果を得たいという人は、きなこバナナにヨーグルトを加えてみると良いでしょう。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますので、一緒に摂取することで便秘改善の他にも、免疫力向上などの効果を得ることができます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

水溶性食物繊維と糖尿病の関係 [病気]

水溶性食物繊維を摂取することで、糖尿病に効果があるとされています。

水溶性食物繊維という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、これは食物繊維の種類の1つです。
3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s.jpg

他に不溶性食物繊維というものもありますので、食べ物から水溶性食物繊維を摂取したいと思ったら、食物繊維の種類に注意して選ぶようにしましょう。


水溶性食物繊維には、さまざまな健康効果を期待することができます。

糖尿病を予防すること以外にも、腸内環境を整えて便秘を解消することなどに効果を発揮します。

健康に良い成分として有名なので、これからの健康のことを考えるのであれば、是非積極的に摂取していきたいですね。


また、水溶性食物繊維は、ダイエットにも利用することができます。

食物繊維は、食事の前に摂取することで満腹感を得ることができます。

そのため、食前に食物繊維の豊富な飲み物である青汁を飲んだり、多めのキャベツを食べるようにしてみましょう。

食べ過ぎを防止することができるので、少しずつ体重が減っていくことでしょう。

食前に食物繊維を摂取すると、食事の際の血糖値の急な上昇を抑えることもできます。

糖尿病を予防することができますので、一石二鳥ですね。


なぜ糖尿病に効果があるのか?


水溶性食物繊維が糖尿病に効果があるということをご存知ですか?

少し血糖値が気になっているという人や、糖尿病を予防したいという人は特に必見です。

水溶性食物繊維とは、よく耳にしたことがある食物繊維という成分の1種です。

腸内環境を整えることに効果があるとされている食物繊維が、なぜ糖尿病に効果を発揮するのでしょうか。


血糖値を抑えるためには、体内で「インスリン」という成分を多く分泌させることが必要です。

インスリンを分泌させることさえできれば、自然と血糖値も下がっていきます。

このインスリンを分泌させるためのスイッチが、実は腸内にあるのです。
水溶性食物繊維は、腸内環境を整えてくれる成分です。

そのため、水溶性食物繊維を摂取することで便秘を解消することができますし、腸の中を綺麗にすることができます。

水溶性食物繊維を摂取して腸内環境を整えることで、より効率的にインスリンが分泌されるようになるのです。


また、水溶性食物繊維を食前に摂取することで、急な血糖値の上昇を防ぐことができるとも言われています。

水溶性食物繊維は、青汁やサプリメントなどでも気軽に摂取することができるため、自分の摂りやすい方法で日々の生活に取り入れていきましょう。


効果的な摂取方法


糖尿病予防のために水溶性食物繊維を摂取していきたいと考えている人は多いでしょう。

薬などを飲むよりも、普段の食生活で糖尿病を予防することができたら嬉しいですよね。

では、水溶性食物繊維を効果的に摂取するにはどうしたら良いのでしょうか。


まず、どのような方法で水溶性食物繊維を摂取していくのかを決めましょう。

より手軽に摂取したいのであれば、青汁やサプリメントを利用することをおすすめします。

青汁であれば、飲んだ際に満腹感を得ることができるため、ダイエットとして役立てることもできるでしょう。

サプリメントであれば、いつでもどこでも持ち歩くことができます。

気付いた時に手軽に摂取することができるので、水溶性食物繊維を継続して摂ることが苦ではないはずです。


また、日頃の食事から摂取したいのであれば、根菜類・きのこ類・海藻類を積極的に食べることをおすすめします。

こういった食品には水溶性食物繊維が多く含まれているため、効率的に摂取することができます。

もしも、これらの食品を毎日取り入れることが大変だという人は、普段食べているごはんを五穀米に変えてみると良いでしょう。

ごはんに麦を混ぜたりするだけでも、いつもより多く水溶性食物繊維を摂取することができますよ。

水溶性食物繊維を簡単に摂取するなら=青汁ジュレ

タグ:糖尿病
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘にこんにゃくは有効?それとも逆効果? [便秘]

181782.png

こんにゃくを食べることで、おなかを綺麗にお掃除することができるという話はよく聞きます。

しかし、こんにゃくは腹持ちが良くて消化に時間がかかるため、内臓に負担をかけてしまうという話も耳にしますよね。

実際のところ、こんにゃくは便秘に効果があるのでしょうか?


便秘に効果のあるこんにゃくは、水溶性食物繊維が含まれているこんにゃくです。
水溶性食物繊維を摂取すると、硬くなっていた便が排出されやすくなります。

体内に溜まっていた老廃物を排出することで、デトックス効果を得ることもできます。
血糖値の上昇を抑えることもできるので、ダイエットにも役立つでしょう。


便秘を悪化させてしまうこんにゃくは、不溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくです。

もともとこんにゃくは水溶性食物繊維を含んでいるのですが、凝固剤を使用する段階で不溶性食物繊維に変化してしまいます。

不溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくをたくさん食べてしまうと、便秘を悪化させてしまうだけでなく、胃や腸に負担をかけてしまう恐れがあります。

水溶性食物繊維を多く含んでいるこんにゃくを探してみるか、おなかのことを考えて作られているこんにゃくゼリーを食べるようにすると良いでしょう。


実際はどうなのか?


こんにゃくを食べることで、便秘を解消することができるという話をよく聞きます。

では、実際にこんにゃくを食べると、便秘解消効果を得ることができるのでしょうか?


こんにゃくには、食物繊維がとても豊富に含まれています。
食物繊維がおなかに良いということは、知っている人も多いでしょう。

特に水溶性食物繊維であれば、お腹に溜まっている便を柔らかくすることができるので、便秘を解消しやすくなります。

とは言え、こんにゃくを作る際には、凝固剤が使用されています。

実は、凝固剤を使用する段階で、水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に変化してしまうのです。
不溶性食物繊維も、適度に摂取していれば便秘の解消に効果を発揮します。

不溶性食物繊維は、体内で溶けずに、水分を吸収しながら腸まで進んでいきます。
そのため、水分を吸収して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激して、便を出すことができるのです。


しかし、不溶性食物繊維を摂取し過ぎると、便の水分まで吸収してしまう可能性があります。

便秘で溜まっていた硬い便からさらに水分が吸収されてしまうことで、便秘が悪化してしまうのです。

不溶性食物繊維の多いこんにゃくを便秘解消のために食べるのであれば、適度に摂取することをおすすめします。


効果的な食べ方とは?


こんにゃくを便秘解消のために食べるのであれば、一番気を付けたいのは食べる量です。
こんにゃくは食物繊維の塊のようなものなので、食べることで便秘解消に効果を発揮します。

しかし、こんにゃくに多く含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維である場合がほとんどです。

不溶性食物繊維は水溶性食物繊維とは違い、食べ過ぎることで逆に便秘を悪化させてしまう恐れがあります。

適度に摂取していれば、不溶性食物繊維は腸を刺激して、溜まっていた便を排出してくれます。
便秘解消を目的としてこんにゃくを食べるのであれば、食べ過ぎないように気を付けましょう。


とは言え、便秘解消のためには一体どれぐらいの量のこんにゃくを食べたら良いのかがわからないという人もいるでしょう。

便秘に悩んでいる時には、2~3日を目安にこんにゃくを意識して多めに食べてみましょう。
こんにゃくの力で、溜まっていた便を出すことができるはずです。

また、こんにゃくを食べることで満腹感を得ることができるので、ダイエットにもつながるでしょう。

他のおかずを食べる前にこんにゃくを食べるようにしてみたり、炭水化物の代わりにこんにゃくを食べてみても良いですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘解消に効果的!バナナはすごい食べ物だった! [便秘]

便秘をしていると、何となく体調が悪く感じることがありますよね。

体内に不要物を溜め込んでしまっている状態なので、あまり良いとは言えません。
便秘が原因で肌荒れを引き起こしてしまうこともありますので、特に女性は早めに解消したいですよね。

641e09bd21d036a3ab6ed14f9bd576cd_s.jpg


便秘に効果的な食べ物として、バナナが挙げられます。
バナナには豊富な食物繊維が含まれており、便秘を解消することにつながります。

しかし、食物繊維の豊富な食品を選ぶのであれば、バナナ以上に豊富に含まれているものもありますよね。

なぜバナナが便秘に効果的なのかというと、食物繊維に似た成分である「レジスタントスターチ」が豊富に含まれているからです。

レジスタントスターチは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方のような性質を持っています。

水溶性食物繊維は便を柔らかくして排出しやすくし、不溶性食物繊維は腸を刺激して便を排出しやすくするはたらきがあります。

この2種類の食物繊維と似たようなはたらきを持っているレジスタントスターチが、バナナには豊富に含まれているのです。

特に、あまり熟しておらず、青い状態のバナナに多く含まれていると言われています。
便秘解消のためにバナナを食べるのであれば、あまり熟していないものを選ぶと良いでしょう。


なぜバナナが良いのか?


食物繊維が豊富に含まれている食品は、バナナ以外にもたくさんあります。
しかし、バナナは特に便秘に効果的な食品であるとされています。

その理由は一体何なのでしょうか。

バナナには、食物繊維以外にもレジスタントスターチという成分が多く含まれています。

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あり、どちらも便秘を解消することに効果を発揮します。

398211.png


不溶性食物繊維は水に溶けにくいため、体内で水分を吸収しながら腸まで進んでいきます。
水分を吸収して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激することで、便を出しやすくするのです。

また、水溶性食物繊維は便を柔らかくするはたらきがあるため、便秘を解消することに役立ちます。

レジスタントスターチという成分は、この不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方に似たはたらきを持っています。

そのため、レジスタントスターチを効率的に摂取することで、より便秘を解消しやすくなるのです。
あまり熟しておらず、青いままのバナナには、このレジスタントスターチが豊富に含まれています。

便秘解消のためにバナナを食べようと思ったら、青いバナナを選んだほうが良いでしょう。


また、バナナに含まれているフラクトオリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やすはたらきがあります。
腸内の善玉菌が悪玉菌よりも優勢になることで、便秘を解消していくのです。


効果的な食べ方


バナナが便秘の解消に効果を発揮するということは、お分かりいただけたと思います。

では、どのような食べ方をすれば、より便秘解消に効果を得ることが出来るのでしょうか。


まず、バナナの選び方です。

便秘解消に高い効果のあるレジスタントスターチという成分は、あまり熟していないバナナに多く含まれています。

そのため、バナナを選ぶときには青い状態のものを選びましょう。
熟してしまっているバナナだと、十分な効果を得られない場合があります。


また、腸内環境を改善するためには、より多くの善玉菌を摂る必要があります。
バナナをヨーグルトと一緒に食べれば、整腸効果も高まるでしょう。

4a921c21f2735f635445441de8c7e6a7_s.jpg


朝ごはんのデザートとして食べても良いですし、忙しいときにはバナナ1本でも十分です。
とにかく、毎日食べ続けることが出来るように頑張ってみましょう。

もしも味に飽きたときには、バナナを温めてみるのも良いでしょう。
オリゴ糖は、温めても分解されてしまうことはありません。

焼きバナナにしても整腸効果はしっかりと得ることが出来ますので、たまには工夫して味を変えてみても良いですね。


自分の食べやすい食べ方で、楽しみながらバナナを摂取出来ると良いですね。
バナナの効果で、効率的に便秘を解消していきましょう。
タグ:便秘解消
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

実は知らずに飲んでいる!青汁のすごい効果とは? [食べ物]

124543.png


青汁は、苦くて渋みの強いというイメージが大きいかもしれません。

しかし、味があまり気に入らなくても、健康のために飲んでいるという人は多いです。
青汁を飲むことで、毎日いきいきと活動することが出来ます。

若い人が飲んでいるイメージはあまり無いかもしれませんが、実は青汁にはすごい効果があります。
青汁のすごい効果を知って、あなたも青汁生活を始めてみてはいかがでしょうか。


青汁には、豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維が便秘などに効果的だということはご存知かもしれませんが、実は病気予防やダイエットにも効果があります。
食物繊維をしっかりと摂取していれば、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすことが出来るのです。

歳を取っても若々しく元気でいたいと思ったら、しっかりと食物繊維を摂取していきましょう。


また、食事の前に青汁を飲むことで、ダイエット効果があることをご存知でしょうか?
食物繊維には、満腹感を感じさせるはたらきがあります。

食前に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、食べ過ぎを予防することが出来るのです。

無理をして食事を減らしてしまうと、ダイエットをやめた後にリバウンドをしてしまうことがあります。

ですが、青汁を上手く活用してダイエットをしていけば、リバウンドしにくい体になると言われています。

青汁は、健康やダイエットに効果的なすごい飲み物だったのです。


青汁に含まれる成分


青汁は、健康に効果的な飲み物として有名です。

毎日の健康を守るために、青汁を欠かさず飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。
では、青汁にはどのような成分が含まれているのでしょうか。


まず、青汁には豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は病気予防にも効果がありますし、便秘の解消にも効果を発揮します。

便秘の状態が続いていると、肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性もありますので、青汁効果で早めに解消出来ると良いですね。

さらに、食物繊維を摂取することで満腹感を得ることが出来るため、青汁でダイエットをすることも出来ますよ。


その他にも、青汁には豊富なビタミンやミネラルが含まれています。

体全体の老化を防ぐことに効果を発揮するため、青汁を飲むことで元気にいきいきと生活することが出来るでしょう。

酵素も含まれており美容効果もありますので、エイジングケアとして飲み続けていくのも良いでしょう。

青汁を飲むことで、いつまでも健康的に若々しくいられたら良いですね。


これらの成分の他にも、各メーカーごとに様々な健康成分を配合した青汁が販売されています。
自分の目的に合ったものを選んで、飲み続けられると良いですね。


効果


青汁を飲むことで、様々な健康効果を得ることが出来ます。
苦くて渋みが強い青汁は、飲みにくいイメージがあるかもしれません。

しかし、青汁にはすごい効果がありますので、是非飲み始めてみることをおすすめします。

まず、青汁に含まれている豊富な食物繊維は、病気を予防することにつながります。

心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすためには、一日に12~17グラムほどの食物繊維を摂らなければなりません。

食物繊維を食品から摂るとなると、毎日沢山の野菜などを食べなければいけないことになります。

また、便秘改善のために食物繊維を摂取するのであれば、一日20グラムは摂らなければいけません。

食品で摂ることの難しい食物繊維を、青汁で補うことが出来ます。

健康のために食物繊維を摂取したいと思っている人は、青汁で摂取するのが効果的かもしれません。


また、青汁に含まれているビタミン・ミネラル・酵素などは、老化を防ぐことに効果を発揮します。
毎日を健康的に過ごすことにもつながりますし、美容効果を期待することも出来ます。

どんなに高い化粧品を使用していても、体の内側からはたらきかけなければ、お肌や体の衰えを防ぐことは難しいです。

青汁を毎日継続して飲むことで、体の内側から健康と美に効果を得ることが出来るのです。

タグ:青汁,効果
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘に逆効果?摂ってはいけない食物繊維とは? [便秘]

0bb64525cccbf9a4ede94a0e442d8154_s.jpg
食物繊維を摂取することで、便秘解消に効果があります。

しかし、食物繊維には2種類あり、便秘のときにあまり摂りすぎてはいけない食物繊維があります。

せっかく食物繊維を摂取したのに逆効果ということにならないためにも、食物繊維についてよく知っておきましょう。


まず、食物繊維の種類について知っておきましょう。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
どちらも適度に摂取していれば、便秘解消につながると言われています。

不溶性食物繊維は体内に入っても溶けることなく、水分を吸収して膨らみながら腸まで進んでいきます。
腸を程よく刺激して便を押し出すので、便秘解消につながります。
水溶性食物繊維は水に溶けやすいので、便を柔らかくして排出しやすくすることが出来ます。


しかし、不溶性食物繊維は、摂りすぎると便秘に逆効果となってしまうことがあります。
食物繊維を摂取するときには、食品に含まれているものが不溶性か水溶性かを確認するようにしましょう。

せっかく食物繊維を摂取するのであれば、便秘解消に効果のある摂り方をしたいですね。


なぜ逆効果になるのか?


不溶性食物繊維を便秘のときに摂取すると、逆効果となってしまうことがあります。

では、なぜ逆効果になってしまうのでしょうか?
不溶性食物繊維が便秘を悪化させてしまう理由を知って、バランスよく摂取していきましょう。


不溶性食物繊維は、水に溶けにくいという性質があります。

体内で水分を吸収しながら腸まで進んでいくので、適度に摂取していれば程よく腸を刺激して、便秘を解消することが出来ます。

しかし、不溶性食物繊維を摂りすぎてしまうと、体内の水分が吸収されて便が硬くなってしまうことがあります。

便秘を解消するために食物繊維を摂取していたのに、逆に便秘を悪化させてしまうことがあるのです。


便秘解消のために食物繊維を摂取しようと思ったら、食物繊維の種類に注目して摂取するようにしましょう。

便秘を解消したい場合には、水溶性食物繊維を選んで摂ったほうが良いでしょう。

水溶性食物繊維の含まれている食品は、ゴボウ・カボチャ・海藻類・イモ類などです。
毎日の食事に上手く取り入れて、便秘を解消していきましょう。

逆に、不溶性食物繊維が多く含まれている食品は、りんご・大豆・さつまいも・小麦などです。

便秘が酷いときには、これらの食品は抑え気味にして、水溶性食物繊維の含まれている食品を食べましょう。


効果的な摂り方はあるのか?


健康のために食物繊維を摂ろうと思ったら、より効果的な摂り方をしたいですよね。
食物繊維は、どのように摂取すればより高い効果を得ることが出来るのでしょうか。


まず、食物繊維でどのようなことに効果を得たいのかを考えてみましょう。

将来のことを考えて、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らしたいのであれば、毎日決められた摂取量を守る必要があります。

男性であれば一日17グラム、女性であれば一日12グラムを目安に食物繊維を摂りましょう。
この量を目安に摂取することで、将来かかるかもしれない病気のリスクを減らすことが出来ます。


また、便秘を改善したい場合には、水溶性食物繊維を摂取することをおすすめします。

一日20グラムを目安に摂取することで、便秘を改善することが出来るでしょう。
より効果的に摂取するためには、青汁などを選んで朝に飲んでみると良いでしょう。

朝から食物繊維を摂取することで腸を刺激し、便秘の改善により高い効果を得ることが出来ます。
もっと手軽に食物繊維を摂取したいという人は、サプリメントを選んでみても良いかもしれません。

サプリメントなら毎日飲み続けることが苦にならないでしょうし、効率よく食物繊維を摂取することが出来ます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。