So-net無料ブログ作成
-| 2016年06月 |2016年07月 ブログトップ

摂りすぎると危険!食物繊維はバランスが大切 [食べ物]

食物繊維は、バランス良く摂取することで、便秘などに良い効果を得ることが出来ます。
便秘の状態が続いてしまうと体内に老廃物を溜めてしまうことになるので、積極的に食物繊維を摂取して、腸内環境を整えたいですね。
398211.png

また、食事の前に食物繊維が豊富な食べ物などを食べることで、満腹感を得ることが出来ます。
食べ過ぎ防止につながるので、ダイエット効果を得ることが出来るでしょう。


しかし、食物繊維の摂り過ぎは、健康に悪影響を与えてしまうことがあります。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
どちらの食物繊維を摂るのかで体に与える影響は変わってきますが、どちらも摂取し過ぎると体にあまりよくありません。

不溶性食物繊維は、水を吸収して膨らむ性質を持っています。
そのため、摂取し過ぎると便を硬くしてしまい、便秘になってしまうことがあるのです。
食物繊維を摂取しているのに便秘が改善されないという人は、摂取している食物繊維の種類を確認してみましょう。

食物繊維の種類と摂取するバランスに気を付けることで、より高い健康効果を得たいですね。
毎日の食事から、気軽に食物繊維を摂取していきましょう。



一日の摂取量


食物繊維を摂取することは、健康的な生活を送る上で良い効果をもたらしてくれます。
食物繊維を摂取すると、心筋梗塞や糖尿病になるリスクを減らすことが出来ると言われています。

また、便秘解消などにもつながるので、積極的に摂取していくと良いでしょう。


便秘解消などの健康効果を実感するためには、一日にどのぐらいの量の食物繊維を摂取すれば良いのでしょうか?
心筋梗塞や糖尿病による死のリスクを減らすためには、男性で一日19グラム、女性で一日17グラムの食物繊維を摂取すると良いでしょう。

しかしこれは、あくまで心筋梗塞などを予防するための目安量です。
便秘の解消を目的とするのであれば、一日20グラムの食物繊維を摂取する必要があると言われています。

一日20グラムもの食物繊維を摂取するのは大変だと感じるかもしれませんが、サプリメントや青汁などを上手く活用していきましょう。


また、食物繊維を摂取しようと意識し過ぎて、過剰に摂取してしまう人もいるかもしれません。
食物繊維は、過剰に摂取すると逆に体に悪影響となってしまうことがあります。
食物繊維を摂取する時には、摂取量のバランスを考えて摂るようにしていきましょう。


摂りすぎるとどうなる?


食物繊維を摂取することは、健康に良い効果をもたらすと言われています。
心筋梗塞や糖尿病にかかるリスクが減るので、歳を取っても健康的に過ごしていきたいと考えている人は、早めのうちから食物繊維を積極的に摂取すると良いでしょう。

また、食物繊維の効果で便秘を解消することも出来ます。
体に溜まっている老廃物を排出することでデトックスにつながり、ダイエット効果もあると言われています。


健康に様々な効果を得ることの出来る食物繊維ですが、摂り過ぎると逆効果になってしまうこともあるのをご存知でしょうか。
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。

不溶性食物繊維は、水に溶けずに、体内で水分を吸収して膨らんでいく性質があります。
適度に摂取していれば、水分を摂取して膨らんだ不溶性食物繊維が腸を刺激し、便秘解消につながります。

しかし、不溶性食物繊維を摂取し過ぎてしまうと、便が硬くなって逆に便秘になってしまうことがあるのです。
015843.png

また、食物繊維を摂り過ぎることで腸の運動が活発になり過ぎてしまうことがあります。
便が柔らかくなって下痢が続いてしまうことがあるので、食物繊維を過剰に摂取することの無いように気を付けましょう。

どの食品にどのような種類の食物繊維が含まれているのかということまで把握しておくと、体の状態に合わせて摂取することが出来るので良いですね。







nice!(0)  コメント(0) 

水溶性食物繊維を使った具体的なダイエット方法 [ダイエット]

ダイエット.jpg

水溶性食物繊維には、ダイエット効果があります。
無理な食事制限をせずに痩せることが出来るダイエット方法なので、リバウンドをしにくいです。

また、空腹感に耐えられずに挫折してしまうことも無いでしょう。


水溶性食物繊維を利用してダイエットをするなら、食事前に水溶性食物繊維を多く含む食品を食べると良いでしょう。

食前にキャベツを食べる「キャベツダイエット」というものが流行した時期がありますが、
キャベツダイエットも、食物繊維の効果を上手く利用したものです。

食物繊維を摂ることで、栄養の吸収速度が遅くなり、満腹感を得ることが出来ます。
そのため、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

また、脂肪分の吸収も抑制するので、肥満を防ぐことが出来ます。


ダイエットのために水溶性食物繊維を摂取するのであれば、出来るだけカロリーの低い食品を選びましょう。
きのこ類や海藻類は低カロリーなので、ダイエット向きの食品と言えるでしょう。

水溶性食物繊維が豊富に含まれている食品を上手く利用して、健康的にダイエットをすることが出来ると良いですね。


一番効果的なのは?


水溶性食物繊維を摂取することで、ダイエットや健康に効果を得ることが出来ます。

しかし、1日の目安量を摂取するためには、たくさんの食品を食べなければなりません。
水溶性食物繊維を多く含んでいる食品は、きのこ類・海藻類・イモ類・豆類などです。

もちろん野菜にも含まれており、普段の食事に取り入れることが出来ます。
水溶性食物繊維の摂取を意識して食事を作ることが出来れば問題はありませんが、
毎日水溶性食物繊維を意識して自炊をすることが難しいという人もいるでしょう。

そのような場合におすすめなのが、青汁やサプリメントです。


青汁には、豊富な水溶性食物繊維が含まれています。
食事に取り入れるのが難しい場合には、飲み物で摂取するのも効果的でしょう。

特に食前に青汁を飲むことで、食物繊維のはたらきで満腹感を得ることが出来ます。
食べ過ぎを防ぎ、食事制限をせずに痩せることが出来るでしょう。


サプリメントで水溶性食物繊維を摂取するのも良いでしょう。

サプリメントなら持ち歩くことが出来ますので、いつでもどこでも飲むことが出来ます。
たくさんの食品を食べることが大変だという人も、手軽に水溶性食物繊維を摂取することが出来ますね。

食品で水溶性食物繊維を摂取することが難しいという人は、青汁やサプリメントを上手く活用してみましょう。

詳細は=おいしい青汁
タグ:ダイエット
nice!(0)  コメント(0) 

ダイエットに水溶性食物繊維が効果的? [ダイエット]

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類がありますが、水溶性食物繊維はダイエットに効果があります。
キャベツ.jpg



まず、水溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑えるはたらきがあります。
水溶性食物繊維は水に溶けやすく、食べたものを包み込む効果があります。

そのため、包み込まれた食べ物の糖質・コレステロールが吸収されにくくなり、肥満を抑えることが出来るのです。

お肉などの動物性脂肪が多いものを食べる時には、水溶性食物繊維が豊富に配合されている食品も一緒に食べるようにしてみましょう。
脂肪の吸収を抑えることが出来るので、お肉のみで食べるよりもダイエット効果があります。


また、食物繊維を摂取することで、栄養の吸収を遅くすることが出来ます。

満腹感も感じやすくなるため、ついつい食べ過ぎてしまうということも減るでしょう。
ダイエットをしている時には、食事の前に食物繊維を摂ることをおすすめします。

一口目は食物繊維が豊富なキャベツから食べるなど、脂肪や糖分を摂取する前に、食物繊維を上手く摂取しましょう。食物繊維には食べたものを効率的に排出するはたらきもあるので、積極的に摂取することで老廃物を溜めずに過ごすことが出来ます。

体内に老廃物を溜めないことも、ダイエットをする上でとても大切なことですね。


どのような人におすすめ?


水溶性食物繊維は、健康やダイエットに高い効果を発揮します。
特に、食事制限を設けずにダイエットをしたいと思っている人には、水溶性食物繊維ダイエットがおすすめです。


水溶性食物繊維は、普段の食事で摂取することが出来ます。

野菜や海藻類・きのこ類・イモ類などに多く含まれており、気軽に食事に取り入れることが出来るでしょう。
食事制限を設けたダイエットをすると、痩せた後にリバウンドをしてしまうことが多いです。

また、ダイエット中に空腹感を感じ、挫折してしまう人も多いでしょう。
水溶性食物繊維は、食事の前に摂取することで、満腹感を得ることが出来ます。
栄養の吸収速度も遅くなるため、食べ過ぎを防止することが出来るでしょう。

好きな物を食べる前にキャベツを食べたり、きのこを食べたりしてみましょう。
自然と食べ過ぎを防ぐことが出来るはずです。


水溶性食物繊維には、脂肪の吸収を抑制するはたらきもあります。
糖分やコレステロールの吸収を抑えるので、脂肪が増えてしまうのを防ぐことが出来るでしょう。

無理な食事制限をせずに痩せたいと思っている人には、水溶性食物繊維ダイエットがおすすめです。




nice!(1)  コメント(0) 

水溶性食物繊維が不足すると? [便秘]

積極的に摂取したほうが良いとされる食物繊維ですが、不足するとどのようなことが起こるのでしょうか。

食物繊維の不足は、体に様々な影響を引き起こします。
まず考えられるのが、便秘です。
015843.png

食物繊維が不足していると、便が硬くなってしまい、長時間大腸に留まってしまいます。

特に水溶性食物繊維のように水分を届ける成分が不足していることで、便が硬くなってしまうのです。

便秘になるということは、体内に不要物を溜め込んでしまうということです。
体調が悪くなることもありますし、お肌が荒れてしまうこともあります。

また、食物繊維が不足していると、栄養の吸収が早くなります。
満腹感を感じることが出来なくなるため、ついつい食べ過ぎてしまうことにつながるでしょう。
肥満の原因になってしまうのです。


これらの他にも、水溶性食物繊維が不足すると、血糖値や血圧の上昇を抑制するものがなくなってしまいます。

高血圧や高血糖ぎみの人は、症状が進行してしまうかもしれません。

また、便が大腸に長く留まることで、発がん性物質の排出が遅れてしまうことになります。
食物繊維の不足は、思わぬ大きな病気を引き起こすことにつながるのです。


水溶性食物繊維と便秘の関係


水溶性食物繊維を積極的に摂取することは、便秘を改善することにつながります。

そもそも便秘は、水分が足りていないことで便が硬くなり、大腸に長く留まってしまうことで起こります。
317272.png

水溶性食物繊維には、水分を保持するはたらきがあります。
そのため、腸に留まっている便まで水分を届けることが出来るのです。

水溶性食物繊維をしっかりと摂るように心掛けていれば、便秘をすることもなくなるでしょう。


便秘の状態が長く続くと、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

便秘により吐き気などをもよおしたり、頭痛を引き起こしてしまうという話は聞いたことがあるでしょう。
腸に便が溜まることで、食欲も湧かなくなってしまいます。

また、体内に毒素が溜まった状態になってしまうので、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
原因のわからない肌荒れを見つけたら、便秘を疑ってみましょう。

毎日便が出ていても、食べている量に対して少ない場合は、便秘になっている可能性があります。
便を排出しているということだけでなく、便の量や色などもチェックするようにしておくと良いでしょう。

便の状態から、体の健康状態を確認することが出来ますよ。


nice!(1)  コメント(0) 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の違い [食べ物]

食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があることをご存知でしょうか?

それぞれに違いがありますので、特徴を知って健康やダイエットのために使い分けられると良いですね。
りんご.jpg

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい性質を持っています。

そのため、摂取すると水分を保持したまま体内を進んでいき、便のかさを増して排泄を促す効果があります。

また、発がん性物質などの有害な物質を体外へ排出するはたらきもあります。
不溶性食物繊維は、りんご・大豆・おから・ごぼうなどに多く含まれています。
便秘ぎみになってしまったら、これらの食品を積極的に摂取すると良いでしょう。


水溶性食物繊維は、粘りがあり、保水性が高いのが特徴です。

血糖値や血圧の急な上昇を抑制するはたらきがあるので、高血圧や高血糖の人に効果があります。
また、脂肪の吸収を抑える効果もあるので、ダイエットとしても利用することが出来るでしょう。
水溶性食物繊維は、オクラ・納豆・海藻類などのねばねばとした食品に多く含まれています。


不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の特徴を理解することが出来たでしょうか。
自分の目的に合わせて、2種類の食物繊維を摂取していきたいですね。



どちらが摂りやすい?


水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、食品などから気軽に摂取することが出来ます。

2種類の食物繊維をバランス良く摂ることで、健康やダイエットに効果を得ることが出来るのです

水溶性と不溶性を摂取する量の参考として、水溶性:不溶性=1:2と覚えておきましょう。
このバランスで摂取することが出来れば、健康効果を得るために丁度良いのです。


不溶性食物繊維の場合、体内へ入っても水に溶けることがありません。

水に溶けない代わりに吸収力がありますので、水分をどんどん吸収してかさが増していきます。
そのため、不溶性食物繊維はあまり頑張って摂取しなくても大丈夫でしょう。

水溶性:不溶性=1:2を守るために大変なのは、水溶性食物繊維の摂取です。
水溶性食物繊維は水に溶けてしまうため、不溶性食物繊維のように体内で量が増えることはありません。

1日の目安量を摂取するためには、野菜や果物を意識して食べなければいけないのです。


水溶性食物繊維の含まれている食材は、野菜や果物の他に、イモ類・海藻類・きのこ類などがあります。
意識して食事に取り入れれば、1日の目安量を摂取出来ないことはないでしょう。

しかし、どうしても大変だという人は、サプリメントや青汁などに頼ってみると良いかもしれませんね。


nice!(0)  コメント(0) 

意外と知らない水溶性食物繊維が豊富な食べ物 [食べ物]

食物繊維が健康に良いということは、ご存知だと思います。
実は食物繊維には2種類あり、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。
腸内環境を整えたり、血圧が上がることを防ぐはたらきがあるのは、水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維を積極的に摂取することで、健康効果を得ましょう。

水溶性食物繊維は、身近な食べ物に豊富に含まれています。
例えば、アボカド・オクラ・きのこ類・海藻類・納豆などです。
どれも日頃から食事に気軽に取り入れることが出来るので、意識して積極的に食べることが出来るでしょう。
特にオクラや納豆などのねばねばしている食べ物は、糖分が吸収されるのを抑えるはたらきがあると言われています。
血糖値が気になっているという人は、ねばねばとしている食べ物を中心に食べると良いかもしれませんね。
また、水溶性食物繊維のはたらきで、腸内環境を整えることが出来ます。
下痢や便秘は他の症状にもつながることがありますので、
お腹の調子が良くないと思ったら水溶性食物繊維が豊富に含まれている食品を食べましょう。

ちなみに、不溶性食物繊維は、消化されずに排出されてしまいます。
水に溶けない性質であるため、多く摂取しても健康効果を得ることは出来ないでしょう。


サプリメント


食物繊維には、2種類あります。
「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」です。
特に水溶性食物繊維は、粘性と保水性が高いため、腸内環境の改善の他に血糖値や血圧の急な上昇を抑制するはたらきがあります。
健康に対して様々な効果を発揮するのです。

水溶性食物繊維は、食生活で補うことが出来ます。
特にオクラや納豆などのねばねばした食品は、血糖値を抑えながら水溶性食物繊維を摂取することが出来るのでおすすめです。
しかし、毎日とても忙しくて、自炊をすることが難しいという人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、水溶性食物繊維が配合されたサプリメントです。
サプリメントなら手軽に、毎日続けて飲むことが出来るでしょう。
水溶性食物繊維の配合されているサプリメントは、ファンケルや明治・アサヒなど様々な会社が販売しています。
明治が販売している「ローラ食物繊維+オリゴ糖」は、食物繊維だけでなくオリゴ糖も摂取することが出来ます。
ピーチ味でおやつのようにポリポリ食べることが出来るので、女性におすすめです。
また、大塚製薬が販売している「ネイチャーメイド食物繊維」は、お手頃な値段ですので、
サプリメントを長く飲み続けたいという人に良いでしょう。

水溶性食物繊維が配合されているサプリメントはたくさんありますので、自分に合うものを見つけられると良いですね。


飲み物


水溶性食物繊維は、飲み物から摂取することも出来ます。
飲み物なら、学校や仕事に行くときに持ち歩くことも出来ますよね。
自分の摂取しやすい方法で、水溶性食物繊維を摂取していきましょう。

水溶性食物繊維の豊富な飲み物として有名なのが、ココアです。
ココアに含まれる水溶性食物繊維の量は、ごぼうやモロヘイヤ・納豆などとほぼ同じです。
また、1杯のココアでトマトの2~3倍の食物繊維に値すると言われています。
ねばねばとした食品や、野菜・海藻類が苦手だという人は、ココアで水溶性食物繊維を摂取してみても良いかもしれません。

抹茶にも、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
普通のお茶でも食物繊維は含まれていますが、お湯を注いで飲むことで、その濃度は下がってしまいます。
抹茶には、食物繊維だけでなく、カテキンも豊富に含まれています。
カテキンは脂肪の燃焼を助けるはたらきがあるので、抹茶を飲むとダイエット効果を得ることも出来ますよ。

自分の飲みやすい飲み物を選んで、水溶性食物繊維を積極的に摂取出来ると良いですね。

簡単摂取なら=安くて簡単な青汁ジュレ

nice!(0)  コメント(0) 

-|2016年06月 |2016年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。