So-net無料ブログ作成

青汁が苦手な人におすすめの摂取方法 [食べ物]

青汁は、健康にも美容にも高い効果があるとされています。
そのため、健康を意識して毎日青汁を飲み続けているという人も多いでしょう。

また、青汁生活を始めてみたいと思っている人もいるはずです。
しかし、青汁は渋くて飲みにくいというイメージが大きいですよね。

58fd4505309a31acd732f63790fe8cac_s.jpg


せっかく青汁を購入しても、口に合わなくて飲むことを断念してしまってはもったいないです。
青汁が苦手だという人は、美味しく摂取し続ける工夫をしてみましょう。


青汁をそのまま飲むのが苦手だという人は、牛乳や豆乳と混ぜて飲んでみましょう。
乳製品と混ぜることで青汁特融の臭みが消され、まろやかな味になります。

抹茶を飲んでいるような感覚で飲むことができるので、美味しく飲み続けることができるでしょう。
普通に水に混ぜて飲むと感じる粉っぽさも、乳製品に混ぜてしまえば、あまり気にならなくなるかもしれません。

青汁を飲む際に一番効果的な時間は朝や食前と言われていますが、乳製品に混ぜて摂取するのであれば、おやつ感覚で飲むこともできるでしょう。

小腹が空いたときに飲むようにしていれば間食を防ぐことができるので、ダイエット効果を得ることができそうですね。


料理や飲み物と混ぜる方法



青汁独特の風味が苦手で毎日飲み続けることが難しいという人は、料理や飲み物に混ぜてみてはどうでしょうか。

普段の食事に取り入れたいと思ったら、適量を味噌汁に混ぜてみることをおすすめします。
味噌汁に青汁の粉末を入れると、野菜を入れたような風味になります。

適量であれば、青汁の渋み・苦味を気にせずに摂取することができるのではないでしょうか。

また、グリーンスムージーにしてみても良いですね。
スムージーには、青汁の粉末以外にも、りんご・バナナ・いちごなどのフルーツを加えてみましょう。

フルーツの甘もで、青汁の苦さが気にならなくなるでしょう。
スムージーなら、朝からでも手軽に飲むことができるのでおすすめです。


青汁は、ケーキの生地などに混ぜて使用することで、おやつとしても摂取することができます。
おすすめなのは、パンケーキミックスに青汁の粉末を混ぜて、グリーンパンケーキをつくることです。

女性が嬉しいのはもちろん、子供でも喜んで食べてくれるでしょう。
もっと手軽に青汁を摂取したいという人は、ヨーグルトにかけて食べてみるのもおすすめです。

自分が摂取しやすいと思える方法で、青汁生活を続けていけると良いですね。


苦手な人におすすめの青汁



青汁の独特な風味が苦手だけれど、健康やダイエットのために青汁を飲み始めたいという人は多いでしょう。

最近では、甘みを加えた飲みやすい青汁も多く販売されています。
自分が飲み続けられそうだと思える青汁を見つけて、青汁の効果を得られるまでしっかりと飲み続けられると良いですね。


「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、青汁の風味を抑え、黒糖の甘みが加えられた摂取しやすい青汁です。

飲む青汁ではなく食べる青汁になっており、抹茶ゼリーのような感覚で食べることができます。
子供や女性でも気軽に青汁を摂取することができるので、青汁生活を続けていくことができるでしょう。

1つずつ個包装になっていて気軽に持ち歩くこともできるので、職場に持って行ったり、食後のデザートとしてお弁当に入れてみても良いですね。

また、小腹が空いたときには、おやつを食べるのではなく黒糖抹茶青汁寒天ジュレを食べるようにしてみましょう。

食べる青汁なので低カロリーですし、しっかり噛んで食べることができるので、飲む青汁よりも満腹感を得ることができるでしょう。

無駄な間食を減らすことができれば、青汁でダイエット効果を得ることもできるかもしれませんね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。