So-net無料ブログ作成

日本人と欧米人の腸の違い [食べ物]

日本人は欧米人よりも、腸の長さが長いと言われています。
腸の長さが原因であるかは定かではありませんが、日本人は欧米人よりも便秘の人が多いようです。

557373.png


日本人に便秘の人が多い理由としては、「米をよく食べるから腸が長くなったため」「硬水と軟水の違いがあるため」などと言われています。


実際に、日本人が欧米人と同じ食生活を送ろうとすると、便秘になってしまう人が多いです。

欧米人は肉をよく食べますが、日本人が肉ばかりを食べて生活していると、便が硬くなってしまったり、そもそも便が出なくなってしまいます。

理由はどうであれ、便が正常に排出されないことで肉が腸の中で滞在する時間が長くなり、腐敗してガスや毒素を放出します。

すると、腸内環境がどんどん悪くなってしまい、便秘が長引くことにつながるのです。

日本人には日本人に合った食事、欧米人には欧米人に合った食事があるということを覚えておきましょう。


また、日本人と欧米人は腸の違い以外にも、骨の違いや食べ物が育つ環境の違いなど、さまざまな違いがあります。

これら全ての事柄が少しずつ影響して、日本人と欧米人の食の違いをつくっているのでしょう。


違うことによる注意点



日本人と欧米人は、腸のつくりが違うと言われています。
日本人は昔から米を好んで食べてきたことで、欧米人よりも腸が長いというのです。

実際に、日本人が欧米人と同じように肉ばかりを食べる生活を始めると、多くの人が便秘になってしまうそうです。

腸の中に食べたものが長く留まり、腐敗して腸内環境を悪化させてしまうのです。

しかし、肉ばかりを食べて便秘になってしまうのは日本人だけであって、欧米人は肉食を続けても体調不良になることはありません。

日本人の腸が本当に長いのかどうかということはひとつの説に過ぎませんが、欧米人の腸とは何かしら違いがあることがわかります。


腸に違いがあるからといって、日本人が欧米人と同じ食事を取ってはいけないというわけではありません。

ですが、便秘になってしまう人は多いので、野菜なども摂取しながらバランスよく食事をしていきたいですね。

もしも肉ばかりを食べ過ぎて便秘になってしまった場合には、乳製品や食物繊維が豊富な食品を食べて、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

善玉菌の活動を活発にさせることができれば、腸内環境を改善して、溜まった便の排出を促すことができますよ。


日本人の腸にあった食生活とは?



ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s.jpg


日本人は、昔から米を好んで食べています。
そのため、米を食べることで便秘になってしまうという人は少ないでしょう。

しかし、パンや肉ばかりを食べる生活を続けた場合、便秘になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

日本人には日本人に合った食生活があるので、健康を維持できるような食生活を続けていけたら良いですね。


日本人が健康を維持していくためには、和食を食べると良いでしょう。

和食には、腸内環境を整えることができる水溶性食物繊維を多く含んでいる食品が使用されていることが多く、健康的な生活を助けることができます。

水溶性食物繊維は、納豆などの豆類・わかめなどの海藻類・きのこ類などに多く含まれていると言われており、これらの食品を食べることで腸内環境を整えることができます。

便秘を防ぐことができるだけでなく、頭痛・腰痛・肩こりなどのさまざまな体調不良を防ぐことにもつながります。

腸の働きを活発にすることで免疫力を上げることもできるので、ウイルス性の病気にかかりにくくなるという効果もあります。

和食を食べることは、健康にとってたくさんの良い影響を与えてくれます。

便秘になりやすいと言われている日本人の腸に合っている食事なので、積極的に和食を食べるようにしていきましょう。



タグ:和食 便秘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。